副業の税金の申告をするための流れの決め方

NO IMAGE

申告をするために必要なこと

副業の税金はサラリーマンとしてする場合は年間で20万以上になると義務化され、前年の1月1日から12月31日までに所得に対して行います。
一方のフリーランスは38万円以上と上がりますが、経費があれば報酬の金額から差し引くこともでき下回るとしなくても問題はありません。

医療費やふるさと納税などで控除を受けたいならする必要があり、帳簿をつけたり領収証を保管して税務署に提出できるよう準備することが大事です。
申告の手続きは流れを把握しないと肝心なことを忘れてしまいやすく、期限が過ぎれば無効になります。申告期間は毎年2月中旬頃から3月中旬頃になり、期限が近づくと窓口が混雑しやすく注意が必要です。

ネットで手続きをするとわざわざ行く必要がなく、多忙な場合でもスムーズにできます。

会計ソフトを使うと便利

最近では会計ソフトがあり数字を入力すると自動的に計算してくれ、完成するとコピーして経費の領収証を添えて提出できて便利です。
また、青色申告は白色申告と比べて記入する項目が増えますが、会計ソフトを使えばスムーズにできます。

会計ソフトは多くの種類がありコンテンツの量によって価格が変わってきますが、必要なものを確かめて決めることが望ましいです。

データを入力するときは事前に帳簿をつけたりスムーズにできますが、初心者であれば税務署に確認するとアドバイスをしてもらえます。

確定申告の書類の書き方は年々変更する傾向があり、最新の情報を確かめて間違えないようにしないといけません。

時間に余裕を持って行おう

確定申告をするときは書類を作って経費があれば領収証を添付して証明する必要があり、時間に余裕を持って手続きをしないといざというときに困ります。
申告の時期は毎年2月中旬頃から3月中旬頃ですが、年度末になるため慌ただしくなるものです。

このため、うっかり忘れてしまうことも多くなり、トラブルが起きないように会計ソフトでデータを入力してすぐに出せるようにすると安心できます。

課税対象所得は収入の金額から経費を差し引いた金額になりますが、税務署によって取り扱う範囲が異なります。

近年では雇用情勢が大きく変化して制度も変わりやすく、前の年と同じようにすると間違っていることもあり注意が必要です。

このため、年末が近づくとサラリーマンやアルバイトなら年末調整がありますが、確定申告に関する情報を確かめて2月中旬頃に開始されたらすぐに提出するようにすると安心できます。